江 之 元 (ENOMOTO)

◆ 保有・管理 ◆ 寒川町江之元自治会・八幡丸運営委員会

◆ 運    行 ◆ 八幡丸実行委員会

◆ 旗    印 ◆ 


◆ 太鼓台の歴史 ◆
 
 八幡丸に関する記録は残っていないが、西条市の伊曽及神社の「祭礼絵巻物」にある船みこしとよく似ており、越智郡大西町紺原の素鵞神社の「お船みこし」と同様、元禄時代(1688年)以前から続いているものと思われる。

 八幡神社の三体の御神体のうちの一体「神功皇居のご神体」を乗船して、神輿、太鼓台を従え町内を渡御するのが慣わしとなっている。船型は往昔の軍艦を模したものだといわれ、昭和30年まで燧灘に有った「鯛の縛り網」の網舟に酷似している。船名は当然石戸八幡神社に由来するものである。


◆ 一    言 ◆
夜太鼓運行!江之元八幡丸!


石戸八幡神社にて
ライトアップ!  夜の八幡丸


寒川町江之元自治会前にて集合