川 原 町 (KAWARAMACHI)

◆ 保有・管理 ◆ 
川原町自治会・太鼓台保存会

◆ 運    行 ◆ 川原町青年団

◆ 旗    印 ◆ 第ニ號 雲龍 川原町青年団


◆ 太鼓台の歴史 ◆

 
 明治30年代に制作され、播州高砂次郎助町により高砂神社にて奉納されていたものが、明治末期から大正初期(不明)に当地伊予三島川原町に継承された。(地元古老の話では、大祭の見世物興行として来県したが、長雨にて帰省不可能となり当町が買い受けたと伝えられる)

 その後約70年間川原町住民により継承保存されてきたが、昭和55年の宮入にて大破し運行不能となった。昭和61年青年団の熱意で修復され復活し、平成元年、平成9年と修理修復を経て現在に至る。
 
 屋号は、昔存在したと伝えられる掛蒲団の図柄(今村氏所有)が雲に龍であり、それから雲龍と名が付いたと推測されている。法被は、屋号の由来とされる掛蒲団の図柄を元に、雲と龍の図で製作した。川原町では、神事には昔ながらの長襦袢を羽織っている。

◆ 一    言 ◆

19年秋、重受け・欄間新調
ご協力頂きました大勢の皆様に、衷心より篤く御礼申し上げます。

23年10月23日 雲龍川原町・浜町明神丸 カミ商事前
10月21日 夜太鼓
10月22日 統一運行の様子
かき夫一丸となり、さし上げタイム5分を
目標とし、二連覇に挑みました。
「でぇ〜た! でぇ〜た!」のおいちゃん
こと川村さん
10月23日 浜町明神丸巡行
10月23日 駅前通り
10月23日 宮入
 22年(昨年)10月22日 昭和61年太鼓台復活時の際、当時青年団が
着ていた伝統あるジャージを指揮者4人が復活させ、
当時の思いを胸に、かきくらべ優勝を目指し挑みました。
10月23日 宮入

このたびの東日本大震災により被災された皆様に心から御見舞申し上げます。
一日も早い復興を御祈り申し上げます。
平成23年度、川原町関係者各位の皆様、募金御協力頂き、誠に有難うございました。
これからも川原町太鼓台をよろしくお願いいたします。
天照大御神 天岩戸隠れ
須佐之男命 八岐大蛇退治
瓊瓊杵尊 天孫降臨  (手前は天鈿女命と猿田彦命)
神日本磐余彦尊(日本書紀) 神武東征