【 実行委員会設立の経緯 】

 一時期の三島祭りは見るも無残な程に衰退していました。 昭和60年当時、三島地区では東町、上町、中組、中田井、中之庄の5台が閑散と運行する程度、寒川・豊岡地区でも中部、大町、豊田、江之元八幡丸の4台と、市内全て合わせても計9台、それらの太鼓台がそれぞれに運行という寂しい祭りというのが現状でした。
 そんな折、少しでも祭りを盛り上げようと、当時の東町・上町支部長間に
22日の宵のもしの統一案が浮かび、5台の太鼓台が駅前に集結。
今日の実行委員会体制の兆しとなった一瞬でした。
 その他、翌61年には川原町、63年には西町と真古町が、それぞれ準備段階を経て復活、三島地区住民に馴染みの太鼓台8台が出揃った状態での秋祭りとなったのです。
 その時、支部長同士が集まり検討した結果、「三島太鼓祭実行委員会」という現在の「伊予三島太鼓祭実行委員会」の前身である委員会が平成元年に組織化されました。その後、平成4年に具定が復活、平成6年の市政施行40周年を機に、三島地区9台と寒川・豊岡地区4台に新たに加わった宮西・西村の1台を加え、14台による「伊予三島太鼓祭実行委員会」が組織されるとともに、これまでなかった寒川・豊岡地区に「寒川・豊岡太鼓祭実行委員会」が組織され今日に至っております。この間、平成7年に長田、平成9年に金子町、平成10年に寒川の西部が加わり、現在では、17台の太鼓台により運営されるようになり現在の活気ある秋祭りへと変貌を遂げたのでした、
 尚、現在は完全な形ではありませんが濱町・明神丸が運行を一部再開しており早期完全復活が待ち望まれております。


【 実行委員会設立趣旨

伊予三島市の伝統ある祭礼行事を各自治会相互の協調により、盛大且つ厳粛に行う事。

文化的な財産である太鼓台の保存と伝統様式の継承並びに平和運行を推進する事。

 当会は、神社を中心とした昔ながらの祭礼様式を堅持はするが、発展的な部分を否定するものではない。太鼓台の型式・太鼓の叩き方、掛け声等、伝統面は後世に残しながらも、運行形態等に正当な理由に基づいた新しい手法を取り入れる事を完全否定せず、正当な祭りの盛り上がりに必要な要素には寛容である事。

  四国中央市誕生以降、 伊予三島太鼓祭り実行委員会 を
                     『伊予三島秋祭り実行委員会』と改名致しました


【 太鼓台の歴史 】

 もともと秋祭りは、豊年の秋を寿ぎ、神様に新穀感謝するもので、幟や提灯を掲げ、御神輿に乗った神様に黄金に実った様子を見て頂くためのもので、神輿行列には、神職をはじめ総代、幟、鉾、家躰(やたい)などが列をなし、太鼓を打ち鳴らして厳粛に行われていたものである。
 その祭礼形態から、山車そして現在の太鼓台の奉納という形にいつ頃なったのかは定かではない。一説によると太鼓台は、京都の祇園祭に登場する「かき山」に原型が求められ、安土桃山時代、大阪堺の豪商が作らせたとも言われている。また、平安時代以降、次第に京都祇園祭が有名になり、御神輿に供奉(ぐぶ)する山車が盛行し、この山車に太鼓が積まれ、鉾や装飾が施されるようになり、江戸時代に入り、元禄年間(1688〜1703)に商業の中心地、上方を軸に町人文化が開花するとともに派手になり、町人文化の爛熟期を向えた江戸時代後期の化政期(1804〜1830)には、現在のような蒲団を積み重ねた形や形状の異なる多彩な太鼓台が作られたとも言われている。化政期は、知識人の文化交流や社寺参詣の流行などによって中央の文化が地方に伝えられた時期であり、海上交通の発達も起因して、太鼓台が一気に瀬戸内沿岸や他の地方に伝わったと考える説もある。又この他、村上水軍由来説や豊臣秀吉の大阪城築城の石材運搬由来説、各地で独自の発展を遂げていった説等いろいろ考えられており、各種の説が飛び交う中、あくまでも推測の範疇を脱しておらず、定説といったものはないと考えられる。
 太鼓台は、瀬戸内沿岸に集中して見られるが、中でも四国は太鼓台の一大宝庫と称されている。

       『写真集 伊予三島 まつりと太鼓台 想  神  匠 』 【太鼓台の起源に関する考察】より




 写真集 伊予三島 まつりと太鼓台 想  神  匠 』では

【愛媛県東予地方における太鼓台の歴史に関する考察】  ・  【伊予三島の太鼓台の歴史に関する考察】  ・  【昭和時代の三島の太鼓祭り】 三島地区 ■寒川・豊岡地区  ・  【伊予三島太鼓台の特徴】  ・  【五色の由来】 の項目に渡り詳細に三島祭りを分析、豪華上製本でありながら、3600円と低価格化の実現で他書籍比較なら市場価格の三割程度のお求め安さです。